認証維持審査の概要


認証を取得した後、継続してJISマークを表示するためには、定期的な認証維持審査の受審が必要となります。
認証維持審査の標準的な処理期間は、約2ヶ月です。
認証維持審査の概要は以下のとおりです。


 

 

LIAより、認証維持審査の実施時期をお知らせいたします。
 

認証維持製品試験に関してのみ申請が必要となります。内容につきましてはLIAよりお知らせいたします。
 
 

現地工場において、品質管理体制の審査を実施いたします。認証維持工場審査の頻度は1年に1回です。
 

認証維持製品試験は、3年に1回以上であって各JISごとの「個別認証要求事項」に定める頻度で実施いたします。
 

前回認証決定から3年間における、認証維持工場審査及び認証維持製品試験の結果を総合的に評価し、JIS認証判定委員会において認証維持の可否を決定します。
 

 

 

> JIS認証トップ

Copyright (C) 2006-2011 Japan L.P.Gas Instrument Inspection Association.